Archive for 4月, 2014

クレジットカードは正しく利用しましょう

クレジットカードは正しく利用するようにしないと、後で自分が困ってしまいます。
お金の代わりになるものなのですごく便利ではありますが、誤った使い方をしてしまうと大変なことになってしまいますよ。
何よりも、自分の信頼と引き換えにしてカードを発行してもらっているのだという事を忘れずに。
常に気を付けながら持ち歩いて、お会計の際に浸かったりするのがいいでしょう。


クレジットカードを活用するのはOK

最近は、クレジットカードで公共料金の支払いをすることが出来てその方がお得になっています。
節約をしている人は最初にカードで支払って、その安くなった料金を後から払うというやり方でもいいと思いますよ。
大事なのは、自分がちゃんと後払いできることなのでそれが可能な人は普段からよく利用してもきっと大丈夫。
でも、お金に対してルーズな人は必要最低限以外の利用を避けた方がいいかもしれません。


審査について教えて

クレジットカードの審査では、年齢とか住所・連絡先といった個人情報と、勤務先や年収・勤続年数といった信用情報について確認をされるのでぜひ、覚えておいて下さいね。
よっぽど大きな問題が無い限りは、無事審査に通ることが出来るので安心していいですよ。
カードローンとかキャッシングを複数している人は、場合によって審査に落ちてしまう事も。
審査の仕方について、前もって調べて比較したりしてみるのが良いかもしれないですね。

クレジットカードの支払

ついうっかりしてクレジットカードの引き落とし日を忘れていたということもあるでしょう。そのような場合の対応は、会社ごとに違います。


<当日入金しても大丈夫か>

クレジットカードの月々の請求分は、大体銀行口座からの引き落としで支払います。「当日入れても大丈夫か」「何時までなら引き落とされるか」という質問もクレジットカード会社のサポートデスクには多いようですが、これはカード会社の規定ではありません。引き落とされる銀行によって違います。当日入金があったと同時に引き起こしを行う銀行、決まった時間に日に何度か引き落としを行う銀行、何度か引き落としを行った上に、23時59分に最終引き落としを一斉に行う銀行など様々です。日に1度きりしかその作業を行わない銀行であれば、その時間までに入金を完了させていなければ、引き落とし不能ということになってしまいます。自分が引き落としに使っている口座がある銀行が、どのような形態で引き落としているのか、知っておくといざという時に便利です。前日に入れていけば、どんな銀行でも間違いはありません。


<引き落とし不能となった場合>

一度引き落としができなかったぐらいで大きな問題となることはありませんが、度重なると限度額などの利用制限がきつくなるクレジットカード会社もあります。再度引き落としを行ってくれるカード会社もありますし、振込用紙がおくってくるところもあります。「もし引き落としができなかったときには」ということも予め調べておくといいでしょう。引き落としが出来なかった時がついたときには、すぐにお客様窓口などに電話を入れることも必要です。