学生の子どもにクレジットカードを持たせるときは?

クレジットカードは高校を卒業した、18歳以上の子どもがもつことが可能です。一部の大学や専門学校では学生証とクレジットカードは一体になっていて、校内での買い物をカードのみで可能にしているところもあると言われるそうですが、親が学生の子どもに持たせる場合はどう比較して選ぶのでしょうか?


親の使っているクレジットカードの家族カード

多いのは、親が利用しているクレジットカードの家族カードとして利用してもらうというものだそうです。家族カードの場合、請求を親のカードに一括することも可能になっているものが多いということから、子どもがどこでお金を使っているかなどを確認しやすいという声もあるそうです。インターネット通販などでいろいろなものを購入できるということもあるので、家族も自分が利用明細を確認できるというのは安心感が強いそうです。


クレカの利用明細はチェックする家庭も

別のクレジットカードを作りたいという場合でも、利用明細を郵送としている家庭もあるそうです。ペーパーレスサービスでポイント還元があるという会社も増えていますが、お金の事故などの防止にという考えがあるのかもしれません。早いうちに利用方法などを覚えることも大切ですから、学生のうちからクレカの所有をすすめることも増えているそうです。

Comments are closed.